FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト8 たぬき(愛知) 対 Hi-standard(千葉)

ベスト8 たぬ (愛知) 対 Hi-standard(千葉)

長かった東海CSも遂に予選ラウンドを終え、決勝トーナメントへ進出する上位8名が決定した。

4つのペアリングの中からフィーチャーに呼んだのはたぬき(愛知)対Hi-standard(千葉)となった。

実はこのペアリング、予選ラウンドの2回戦でも組まれておりその際はHi-standardが勝利を納めたとこのことだ。

ブラックフェザーを操るたぬきがリベンジに成功するか!?
それとも闇殺しの力を持ったHi-standardのメタガジェットが再び勝利するのか!?

負けたらあとはないトーナメント。

勝利の女神が微笑むのは一体どちらのプレイヤーか。


1本目

先攻はたぬき。

《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》を場に出した後カードを2枚伏せターンを終える。

《黒い旋風/Black Whirldwind》は無いものの上々のスタートである。

しかしHi-standardのスタートは更に上を行くものであった。

《地割れ/Fissure》で《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》を除去した後、

《聖なるあかり/Consecrated Light》!

これには「きっちり引いてるな~」とたぬきはうんざりした様子である。

《聖なるあかり/Consecrated Light》により闇属性のモンスターはセットでしか場に出すことができないためたぬきはモンスターをセットで場に出し、せめてもと伏せカードを1枚追加しターンを渡す。

迎えたHi-standardの2ターン目。Hi-standardは手札からデッキ名でもある《レッド・ガジェット/Red Gadget》を召喚し手札に《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》を加え連鎖をスタートさせる。

伏せは3枚あるものの《聖なるあかり/Consecrated Light》を除去することのできるカードがないたぬきはとても苦しい。ブラックフェザーを裏守備で出し続けてもガジェット達によって葬られるだけなのである。

3ターン目、ドローしたカードも《聖なるあかり/Consecrated Light》に対して有効ではなく、Hi-standardのトラップゾーンに4枚カードが伏せられているのを確認するとこれ以上続けても仕方が無いと悟り、投了を宣言したのだった。

Hi-standard 1-0 たぬき

サイドチェンジを行っていると

「あ、朝は入れなかったけど有効なカードがあるのに気づいた!」とたぬき。

それに対し「どんなカードか期待してます」とHi-standard。

さてたぬきの気づいたカードとは一体何なのか?

2本目

先攻は引き続きたぬき。

カードを2枚伏せ静かに先攻1ターン目を終える。

それに対しHi-standardは《魔導戦士 ブレイカー/Breaker The Magical Warrior》を召喚し効果でたぬきの伏せカードを破壊しにかかる。

破壊したのは《サイクロン/Mystical Space Typhoon》であり、そのまま墓地へ落ちる。そのまま《魔導戦士 ブレイカー/Breaker The Magical Warrior》でダイレクトアタックし2枚カードを伏せてターンエンドを宣言する。

するとターンエンドの宣言時にたぬきはもう片方の伏せカードであった《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》を発動しHi-standardの伏せた《落とし穴/Trap Hole》を壊す。

たぬきは迎えた自ターンで《BF-暁のシロッコ/Blackwing - Sirocco the Dawn》を場に出し《魔導戦士 ブレイカー/Breaker The Magical Warrior》に攻撃を仕掛け破壊する。そして無くなってしまった伏せ置き場に新たにカードを1枚補充しターンを切る。

ここでHi-standardが自ターンで考える。

少考後、伏せてあった《サイクロン/Mystical Space Typhoon》を発動したぬきの伏せを壊してから満を持して《レッド・ガジェット/Red Gadget》をプレイし連鎖をスタートさせる。

そしてHi-standardも新たに2枚のカードを伏せターンを返す。

ここまで一進一退の攻防が続いている。

しかしここでたぬきが《大嵐/Heavy Storm》をプレイ!

伏せを無くしさぁ何が来る!?と言ったところにたぬきの手札から思いもよらぬモンスターが!


なんとたぬきが召喚したのは《レッド・ガジェット/Red Gadget》!

これがサイドチェンジ中に言っていた言葉の答えなのか!?

たぬき「こいつなら《聖なるあかり/Consecrated Light》殺せるし、あと次のターンそっちが出すの多分順番的に《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》でしょ?」

Hi-standard「うわぁ、俺だけのガジェだと思ってたのに」

確かにたぬきの言うとおりなのだが1本とられ負けたらお終いという状況下で一体何人がこの奇策に走ることができるだろうか?

この《レッド・ガジェット/Red Gadget》でライフ的にも精神的にもややダメージを与え攻め立てる。

しかし次のターン同じように攻撃を仕掛けようとするとそこには《聖なるバリア-ミラーフォース-/Mirror Force》が!これにより2体とも撃退され、アドバンテージとテンポを一気に失うことに。

モンスターが尽きてしまったたぬき。これはガジェットタイムになりそうな流れを伏せカードを使用しなんとか耐える。

数ターン後たぬきは引き当てたモンスターを裏守備でセットし残った1枚の手札もセットしターンをHi-standardに渡す。

Hi-standard「なんだ、そのモンスター?」

確かになんだろうか?

まぁ《BF-大旆のヴァーユ/Blackwing - Vayu the Emblem of Honor》だろう、と言った感じにHi-standardがそれに対し攻撃を仕掛けると

《メタモルポット/Morphing Jar》が!


これによりHi-standardの手札4枚が墓地へ行き、手札が0枚であったたぬきは多大なアドバンテージを得る。

盤面はガジェット達により負けてしまっているたぬきは得た手札で巻き返しを計る。

しかし渾身の《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》が《スターライト・ロード/Starlight Road》され、次ターンに出したモンスターも《地割れ/Fissure》で除去されてしまうと2ターンに置いて身を守るモンスターを有することのできなかったたぬきは相手のモンスターの合計攻撃力が自分のライフよりも上回っているのを確認すると投了を宣言したのだった。





試合が終わるとすぐに仲間とともに今の試合の感想戦を始めるたぬき。

「2本目の《BF-暁のシロッコ/Blackwing - Sirocco the Dawn》と《レッド・ガジェット/Red Gadget》で行った2回目のアタックは大きなミスでした。あそこは《レッド・ガジェット/Red Gadget》は守備表示にして《聖なるバリア-ミラーフォース-/Mirror Force》をケアしないと・・・」

敗北から学ぶプレイヤーは強くなるという。

これを読んでいるあなた、もしカードゲームが強くなりたいと思っているのなら是非このたぬきの様に負けた試合を振り返り何かを学び取って欲しい。

そうすればあなたの実力はきっと増していく事だろう。

Result 2-0 Hi-standard Win!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

常勝会@遊戯王担当くま

Author:常勝会@遊戯王担当くま
常勝会の遊戯王担当のくまです。

ご意見、ご感想はこちらまでお願いします↓
jyousyoukai00@yahoo.co.jp

FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。