スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラウンド4 Hi-standard(千葉) 対 白ひげ(三重)

ラウンド4 Hi-standard(千葉) 対 白ひげ(三重)

第4ラウンドは全勝対決をお送りしよう。

Hi-standard(千葉)は今回ガジェという珍しいデッキを使いこなし今のところ3戦全勝としている。フィーチャーを選ぶ人間にガジェ好きがいたとかいないとかいう話があったとかないかは置いておき、興味深いデッキであることは間違いないだろう。

対する白ひげ(三重)のデッキは今大会最大勢力であるブラックフェザーだ。

環境最大ブラックフェザーデッキが勝つのか?メインに《聖なるあかり/Consecrated Light》を入れ闇殺しの力を得たガジェットデッキが勝つのか?

この戦いをガジェットを操るhi-standatd視点から追っていこう。

1本目

先行はHi-standard。

《落とし穴/Trap Hole》、《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》×2、《次元幽閉/Dimensional Prison》×2、《地砕き/Smashing Ground》

という6枚の手札からまずデッキの象徴である《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》を場に出し効果で《グリーン・ガジェット/Green Gadget》を手札に加える。

ここでトラップカードをどう伏せるか。

遊戯王をまだ初めて日が浅い筆者の考えではあるのだが、遊戯王というカードゲームははトラップカードの伏せ方というのがとても難しく非常に重要であると感じる。伏せすぎてしまうと《大嵐/Heavy Storm》という制限カードで一気に勝敗が決してしまう恐れがあるのが難しくしている大きな要因であるのは確定的に明らかだろう。。

ここでのHi-standardは《落とし穴/Trap Hole》を1枚だけを伏せてターンを切る。

この行動を見て白ひげは《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》の召喚を宣言する。

当然伏せた《落とし穴/Trap Hole》で撃退しようとしたHi-standardなのだがここに突き刺さるは白ひげの《我が身を盾に/My Body as A Shield》!!

これには「強い・・・」と呟かざるを得ないHi-standard。

《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》の《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》への攻撃が通り、効果で場に《BF-月影のカルート/Blackwing - Kalut the Moon Shadow》が現れ更なる攻撃を加える。

第2メインでカードを2枚伏せてターンを終えた白ひげ。


こうなると1ターンに1回しかモンスターを出すことのできないガジェットは苦しい。

毎ターンガジェットをだしては攻撃をしかけ相手のモンスターの数を減らそうとするがそこは《次元幽閉/Dimensional Prison》などで防がれこの1ターン目の差をなかなか埋めることができない。

しかし白ひげは毎ターンの1ドローのみ。Hi-standardは展開しているのがガジェットなため擬似的に毎ターン2ドローしているようなもののためじわじわとアドバンテージ差が見え始める展開となった。

《神の宣告/Solemn Judgement》を引き入れたHi-standardはここで一気に《神の宣告/Solemn Judgement》、《魔宮の賄賂/Dark Bribe》、《落とし穴/Trap Hole》と3枚を伏せる。

すると返しの白ひげの動きが攻撃がとまった上に伏せカードを伏せるのだけに留まりモンスターが追加されないのをみると「きたー!」と歓喜の声をあげる。


こうなるとガジェットデッキのペースである。

ガジェットの効果で圧縮されたデッキはHi-standardに有効牌を送り込み、またガジェットでの尽きることがないように感じてしまう連鎖が更なるアドバンテージを生み続ける。
白ひげも《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》を自分のカードと相手のカードを選ぶなどの《スターライト・ロード/Starlight Road》ケアをしつつ抵抗を試みるが《BF-暁のシロッコ/Blackwing - Sirocco the Dawn》が《聖なるバリア-ミラーフォース-/Mirror Force》で除去られると返しの攻撃で自分のライフが持たないことを確認し、投了を宣言した。


Hi-standard 1-0 白ひげ

サイドボード

IN  《大嵐/Heavy Storm》、《魔導戦士 ブレイカー/Breaker The Magical Warrior》3

OUT 《王宮の弾圧/Royal Oppression》2《地割れ/Fissure》、《次元幽閉/Dimensional Prison》

ブラックフェザーに対してはあまり効果の高くはない《王宮の弾圧/Royal Oppression》と除去2枚をサイドアウトし《大嵐/Heavy Storm》、《魔導戦士 ブレイカー/Breaker The Magical Warrior》と伏せに強いカードをサイドインした。



2本目

先行は白ひげ。

《闇の誘惑/Allure of Darkness》で手札を循環させた後《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》を召喚しターンを終える。

それに対しHi-standardは《地割れ/Fissure》で《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》を処理した後、《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》を出し《グリーン・ガジェット/Green Gadget》を手札に加えつつアタックに行く。

しかしここで白ひげの手札から《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》が!

試合後に「ブラックフェザーにゴーズは入っていないモノだと考えてしまっていた。」と筆者に語ってくれた《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》なだけ合ってHi-standardにとって致命的なカードの登場となる。

とにかくこの《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》がでかくて止まらないのだ。

《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》を《スターライト・ロード/Starlight Road》で防いだりはするだが効果によって現れた《スターダスト・ドラゴン/Stardust Dragon》は《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》により簡単に処理されてしまいなかなか攻勢に移ることはできない。

また白ひげの《スターライト・ロード/Starlight Road》を打たれても不利ではないと判断してでの《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》使用というプレイングや、常に表情を変えず行う冷静なプレイングは白ひげが如何に「試合巧者」であるかを物語っている。

やっとの思いで念願の《地砕き/Smashing Ground》を引き当て《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》を除去することに成功したのだが、その返しで現れたのは闇の竜《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon》!

効果で場を綺麗に流され《BF-極北のブリザード/Blackwing - Blizzard the Far North》からの《マジカル・アンドロイド/Magical Android》とともに攻撃をされるとHi-standardのライフは0となり勝負の決着はは運命の3本目へと持ち越されたのだった。


Hi-standard 1-1 白ひげ


IN 《地割れ/Fissure》、《次元幽閉/Dimensional Prison》

OUT 《荒野の大竜巻》2

計算外であったゴーズに苦しんだのを意識してか一旦はサイドアウトした《地割れ/Fissure》、《次元幽閉/Dimensional Prison》といった除去をメインに戻す。

3本目

運命の3本目、先攻はHi-standard。

初手は、《地割れ/Fissure》、《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》、《聖なるあかり/Consecrated Light》、《落とし穴/Trap Hole》、《月の書/Book of Moon》、《魔宮の賄賂/Dark Bribe》

と言った6枚であり、ついに初手にブラックフェザーやインフェルニティキラーである《聖なるあかり/Consecrated Light》の姿が!

素早く《聖なるあかり/Consecrated Light》を戦線へ送り出すと白ひげは《聖なるあかり/Consecrated Light》を手に取り効果を確認する。

その後《落とし穴/Trap Hole》、《月の書/Book of Moon》、《魔宮の賄賂/Dark Bribe》と3枚を伏せてターンを終了する。

モンスターをセットでしか出すことのできない白ひげはモンスターを1体裏守備表示で場に出し伏せカードを2枚伏せてターンを切る。

2ターン目、《イエロー・ガジェット/Yellow Gadget》から《グリーン・ガジェット/Green Gadget》とまた連鎖が始まる。攻撃こそ裏守備表示であったのが《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》であったため破壊できないものの完全にガジェットペースだ。

白ひげは《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》を召喚し癌である《聖なるあかり/Consecrated Light》を破壊しようとするのだがこれには当然のように《落とし穴/Trap Hole》が突き刺さる。

Hi-standardはダメージクロックを作るため《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》はカウンタートラップで対抗するのを前提に《地割れ/Fissure》をうち守備表示の《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》を殺しにかかる。

するとこれがすんなり受け入れられそのまま《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》が墓地へ送られる。

これを見て「勝ちゲーじゃん」と喜びを隠さず言葉にするHi-standard。

その後、白ひげはなんとか《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》を引き入れ《聖なるあかり/Consecrated Light》を破壊することに成功はするのだが、時既に遅し。

その頃にはHi-standardの伏せカード陣には鉄壁の守りが備えられており召喚するモンスターをことごとく罠で打ち落とされてしまうと常に増え続けるガジェット達のアタックによりライフを0となりデッキを静かに畳んだのだった。

Result 2-1 Hi-standard Win!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

常勝会@遊戯王担当くま

Author:常勝会@遊戯王担当くま
常勝会の遊戯王担当のくまです。

ご意見、ご感想はこちらまでお願いします↓
jyousyoukai00@yahoo.co.jp

FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。