FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラウンド5 Jspeed(愛知)対 ダット(東京)

ラウンド5 Jspeed(愛知)対 ダット(東京)

第5ラウンドは崖っぷちである1敗同士の対決をフィーチャーしよう。

まず一人目はJspeed(愛知)。彼は去年だけでも

2009年 神奈川選手権2009 1位

2009年 横浜チャンピオンシップ2009 春 1位

2009年 関東チャンピオンシップ2009 夏 1位

と輝かしい戦績が3つもあり、誰もが認める強豪プレイヤーである。


もう一人はダット(東京)。こちらも負けておらず、色々なCSで上位入賞をしている上に、ゲーム日本代表になったことがあるという戦績を持っている。こちらも強豪と呼んでまず間違いないだろう。

強豪同士の白熱するであろう崖っぷちの争いをインフェルニティデッキを操るJspeed側からお伝えしたい。


1本目 

先攻はダット。

モンスターを伏せた後、カードを2枚伏せてターンを終了する。

迎えたJspeedのターン、《封印の黄金櫃/Golden Sealed Chest》を発動し《ハリケーン/Giant Trunade》を除外する。あとはコンボパーツをしっかり集めるだけというところか。
その後《インフェルニティ・ビートル》をプレイし裏守備のダットのモンスターにアタックを仕掛ける。これが《BF-月影のカルート/Blackwing - Kalut the Moon Shadow》であり、撃破した上にダットのデッキがブラックフェザーであると確認する。

しかしダットも負けていない、《BF-蒼炎のシュラ/Blackwing - Shura the Blue Flame》を自軍に追加するとそのまま攻撃に行き《インフェルニティ・ビートル》を破壊し効果で《BF-大旆のヴァーユ/Blackwing - Vayu the Emblem of Honor》を場に特殊召喚する。

なんとかしたいJspeedなのではあるが《封印の黄金櫃/Golden Sealed Chest》からの《ハリケーン/Giant Trunade》待ちなためこのターンは《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》を裏守備でセットし《リビングデッドの呼び声/Call of the Hunted》を伏せてターンエンド。

しかしこの2枚にはブラックフェザーお馴染みの《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》(コスト、ヴァーユ)が突き刺さる。

もう後が無くなったJspeed。待望の《ハリケーン/Giant Trunade》を手に入れコンボをスタートさせたいとこなのだが。

手札にはモンスターばかり。インフェルニティの発動条件ハンドレスをクリア出来合い・・・。

しかたなく次のドローにかけるため《インフェルニティ・デーモン/Infernity Archfiend》を召喚するがこれには《奈落の落とし穴/Bottomless Trap Hole》が。

そして返しのターンでダットがシンクロ召喚で《ゴヨウ・ガーディアン/Goyo Guardian》を呼んだ後、《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon》を特殊召喚するのを見るとJspeedは静かにデッキを片付けた。

Jspeed 0-1 ダット

OUT 《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon》1、《闇の誘惑/Allure of Darkness》1、《ワン・フォー・ワン/One for One》1、《増援/Reinforcement of The Army》1、《おろかな埋葬/Foolish Burial》1、《激流葬/Torrential Tribute》1、《リビングデッドの呼び声/Call of the Hunted》1

IN 《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》3、《次元幽閉/Dimensional Prison》3、《スノーマンイーター/Snowman Eater》1、《ダスト・シュート/Trap Dustshoot》1

大幅なサイドチェンジを行ったJspeed。コンボパーツを減らし、デッキに柔軟性の高い《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》と《次元幽閉/Dimensional Prison》等を入れた。

これには相手の墓地除外系のカードをケアして動くためのパーツを揃える必要があり、コンボ発動ターンを遅らせ中盤移行に安心して動ける時に行けば良い、という意思が見受けられる。



2本目

先攻はJspeed。

初手は、《インフェルニティ・ガン》、《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》、《サイクロン/Mystical Space Typhoon》、《ダーク・グレファー/Dark Grepher》、《インフェルニティ・ビートル》、《次元幽閉/Dimensional Prison》

という6枚。

サイドチェンジの意思とは異なるどう考えてもコンボがスタートする手札。

ダットの手札に《D.D.クロウ/D.D. Crow》はあるのか・・・?




答えはNoであった。

コンボ発動により場に《氷結界の龍 トリシューラ》2体と《スターダスト・ドラゴン/Stardust Dragon》、《インフェルニティ・デーモン/Infernity Archfiend》と並べてターンを渡すJspeed。

ダットも《魔導戦士 ブレイカー/Breaker The Magical Warrior》で《インフェルニティ・デーモン/Infernity Archfiend》を破壊し、抵抗を試みるが伏せたカードを《サイクロン/Mystical Space Typhoon》で壊され、Jspeedの手から《インフェルニティ・ミラージュ》がプレイされるのを見ると投了を宣言した。

Jspeed 1-1 ダット



OUT 《ダスト・シュート/Trap Dustshoot》1、《奈落の落とし穴/Bottomless Trap Hole》2、《ダーク・グレファー/Dark Grepher》1

IN 《ライトニング・ボルテックス/Lightning Vortex》1、《ライトロード・ハンター ライコウ/Ryko, Lightsworn Hunter》1、《激流葬/Torrential Tribute》1、《おろかな埋葬/Foolish Burial》1

当たり前な話ではあるのだが先行か後手かと言うことはやはり重要である。

Jspeedは後手という事を意識し、《ダスト・シュート/Trap Dustshoot》、《奈落の落とし穴/Bottomless Trap Hole》をサイドアウトし、場に出てしまった後に対応できる《ライトニング・ボルテックス/Lightning Vortex》、《ライトロード・ハンター ライコウ/Ryko, Lightsworn Hunter》などをサイドインする。

こういったサイドチェンジの考え方は重要なため、今まで考えていなかったプレイヤー(筆者も含め)は是非見習って欲しい。


3本目

先攻はダット。

まず《闇の誘惑/Allure of Darkness》をプレイし手札循環を行う。

その後に《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》をプレイし、カードを1枚伏せてターンエンド。

インフェルニティに非常に有効である《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》が場に出されるが、Jspeedは冷静に《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》をセットだけをし、ターンを返す。

迎えたダットのターン。ダットは《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》で攻撃を宣言すると攻撃モンスターを指定した後に《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》で相手の伏せカードを破壊するJspeed。

それによりJspeedは何もない場でダイレクトアタックを受け《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》を場に送り込む。

しかしダットもこれに慌てる事もなくモンスターを1枚伏せた後、伏せカードを1枚伏せてターンを終了する。

Jspeedは《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》で《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》を潰しにかかるのだがそこには《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》が。効果により《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》とゴーズトークンが消え去る。

《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》は場にいるもののなんとかしたいJspeedなのだが1本目同様またしても手札がモンスターばかりでいかんせんどうする事もできないのだが、ダットの《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》の攻撃だけは《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》で受けライフの減少は阻止する。


勝負はJspeedが《インフェルニティ・インフェルノ》を引き当てたことにより動き出す。
これをセットし迎えた次のJspeedのターン。

Jspeedはまず《サイクロン/Mystical Space Typhoon》でダットの1枚しかない伏せカードを破壊する。そして《インフェルニティ・インフェルノ》を発動し、手札を減少させ墓地にコンボパーツを揃える。

そして満を持して《インフェルニティ・ミラージュ》!

場に残っていた《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》の効果で《インフェルニティ・ビートル》を吊り上げる。これにダットの対応は無し。

ならばと、《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》と《インフェルニティ・ビートル》がシンクロし《A・O・J カタストル/Ally of Justice Catastor》を呼び出す。これにも対応は無し。

そして《インフェルニティ・ミラージュ》の効果で墓地の《インフェルニティ・デーモン/Infernity Archfiend》と《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》を対象にとり発動を宣言する。

ここでダットの手札から発動される《D.D.クロウ/D.D. Crow》×2!!

これにより完全にコンボがストップしてしまったJspeed。《A・O・J カタストル/Ally of Justice Catastor》で《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》を破壊しターンを返す。

するとダットは手札から《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》を呼び、Jspeedの場の《A・O・J カタストル/Ally of Justice Catastor》と融合を宣言し場に《キメラテック・フォートレス・ドラゴン/Chimeratech Fortress Dragon》を送り込む!!

《キメラテック・フォートレス・ドラゴン/Chimeratech Fortress Dragon》こそサイドインした《次元幽閉/Dimensional Prison》で除去することに成功するのだが、ダットはここが攻め時と攻撃の手を緩めない。

2枚の《黒い旋風/Black Whirldwind》発動後、《BF-暁のシロッコ/Blackwing - Sirocco the Dawn》を召喚し《BF-黒槍のブラスト/Blackwing - Bora the Spear》と《BF-疾風のゲイル/Blackwing - Gale the Whirlwind》を手札に加えそのまま2体とも特殊召喚する。

こうして場に出た《BF-暁のシロッコ/Blackwing - Sirocco the Dawn》と《BF-疾風のゲイル/Blackwing - Gale the Whirlwind》をシンクロし《スターダスト・ドラゴン/Stardust Dragon》を場に送り込む。

追い詰められたJspeed。

逆転するべく《インフェルニティ・ガン》を発動し手札を1枚捨てた後に墓地にいた《ヘルウェイ・パトロール》の効果で《インフェルニティ・デーモン/Infernity Archfiend》を特殊召喚し、効果で《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》を持ってくる。

だがここでまたしても突き刺さる《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》!

効果により《インフェルニティ・ガン》と《インフェルニティ・デーモン/Infernity Archfiend》が破壊され墓地へ。

なんとか耐え抜いてトップデッキに賭けようと《インフェルニティ・ネクロマンサー/Infernity Necromancer》をだし効果で《インフェルニティ・ビートル》を吊り上げシンクロをしようとするのだが、

そこには3枚目の《D.D.クロウ/D.D. Crow》が・・・。


Result 2-1 ダット Win!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

常勝会@遊戯王担当くま

Author:常勝会@遊戯王担当くま
常勝会の遊戯王担当のくまです。

ご意見、ご感想はこちらまでお願いします↓
jyousyoukai00@yahoo.co.jp

FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。